Archive for 6月, 2013

Posted on 06/30/2013 at 21:47, by fujita

◆CS礼拝 2013,06,30◆ ~主に信頼し、善を行え~

◆CS礼拝 2013,06,30◆ ~主に信頼し、善を行え~

主に信頼し、善を行え。この地に住み着き、信仰を糧とせよ。詩編 / 37編 3節

Posted on 06/30/2013 at 21:30, by fujita

◆CS礼拝 2013,06,30◆ ~天におられるわたしたちの父よ、~ 

◆CS礼拝 2013,06,30◆ ~天におられるわたしたちの父よ、~ 

だから、こう祈りなさい。『天におられるわたしたちの父よ、/御名が崇められますように。マタイによる福音書 / 6章 9節

Posted on 06/30/2013 at 21:24, by fujita

◆聖日礼拝 2013,06,30◆ ~祭司の王国、聖なる国民となる~ :趙顯道師

◆聖日礼拝 2013,06,30◆ ~祭司の王国、聖なる国民となる~ :趙顯道師

今、もしわたしの声に聞き従い/わたしの契約を守るならば/あなたたちはすべての民の間にあって/わたしの宝となる。世界はすべてわたしのものである。

あなたたちは、わたしにとって/祭司の王国、聖なる国民となる。これが、イスラエルの人々に語るべき言葉である。」出エジプト記 / 19章 5-6節

Posted on 06/30/2013 at 06:59, by α

民のかしらを立てる

† 先週のメッセージ †
民のかしらを立てる(出エジプト記 18:7~12)

モーセがアマレクとの闘う時、山に登り、手を上げて祈ると、イスラエルが優勢になり、手を降ろすと、アマレクが優勢になった。これは、闘いの勝敗を左右するのは、山の下にあるのではなく、山の上で捧げる祈りの故です。

争いと戦いは、神様に属しています。この肉体的な戦いだけではなく、クリスチャンは霊的闘いにも、霊的武装をします。エペソ6章『神のすべての武具をとりなさい。』6:18 『すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。』
そうです。神様に祈ることなしでは、勝利出来ません。祈りは、戦争そのものです。

アマレクとの闘いが終わった時、モーセに嬉しい訪問者がいました。それは、しゅうと、ミデヤンの祭司イテロとモーセの妻チッポラとそのふたりの息子を連れて行った。二人の子どもの名前は、モーセの人生を現します。ゲルショムは「私は外国にいる寄留者だ。」という意味で、もうひとりの名はエリエゼル。それは「私の父の神は私の助けであり、パロの剣から私を救われた。」という意味である。

ところで、イテロが訪問した理由は、神様が、モーセと御民イスラエルのためになさったすべてのこと、すなわち、どのようにして主がイスラエルをエジプトから連れ出されたかを聞くためであった。そしてイテロは言った。(10-11)「主はほむべきかな。主はあなたがたをエジプトの手と、パロの手から救い出し、この民をエジプトの支配から救い出されました。今こそ私は主があらゆる神々にまさって偉大であることを知りました。実に彼らがこの民に対して不遜であったということにおいても。」イテロはイスラエルの民を救う神様を賛美し、共に礼拝した。そして、モーセが困っていた問題で、イテロはリーダーを選び、役割を与えるようにした。その人は民全体の中から、神を恐れる、力のある人々、不正の利を憎む誠実な人々を見つけ出し、千人の長、百人の長、五十人の長、十人の長として、民の上に立たせた。イスラエルの国が成長していくのです。
私たちにおいても、このように千人の長、百人の長、五十人の長、十人の長の役割が出来る信仰者になっていくべきです。

Posted on 06/30/2013 at 06:56, by α

2013年6月30日 お知らせ

  1. ハレルヤ!主の御名をあがめます。
    今年の教会の標語は、「神の約束に望みを持って前進する教会」です。
    聖書の箇所は、民数記23章19節です。
    「神は人間ではなく、偽りを言うことがない。人の子ではなく、悔いることがない。神は言われたことを、なさらないだろうか。約束されたことを成し遂げられないだろうか。」
    約束の神様を覚え、天の祝福に更なる前進する1年となりますように、
    お祈り致します。
  2. 本日の礼拝後、宣教の報告があります。
  3. 7月の教会予定表ができました。ご参考下さい。
  4. 朝の祈祷会
    (火~金曜/AM6:00~)
  5. 水曜祈祷会
    (水曜/AM10:30~)
  6. GCCキッズランド 英語
    (毎週火曜/園児クラスPM3:00~ 小学クラスPM4:00~)
    外国人講師による子供の英語教室です。
    地域住民のお子様方やご興味があります方、どなた様もご参加頂けます。
    ぜひお友達を誘ってお越し下さい。
アーカイブ お問い合わせ ログイン