Archive for 3月, 2011

Posted on 03/27/2011 at 14:46, by webby

2011年3月27日 先週のメッセージ要約

繋がる祝福(創世記25:7~11)
アブラハムは170年の生涯を生きました。75歳の時に神様の御声を聞き、彼の人生は変わりました。誰でも神様に出会うなら人生が変わります。変わらないとしたら真に神様と出会っていないのでしょう。アブラハムは神様に出会ってから、信仰の旅が始まりました。最初の25年間は未熟な信仰の故に失敗と挫折がありまし た。
イエス・キリストを信じて救われるのには1秒も掛かりません。しかし、キリストに似ていく過程は一生掛かります。100歳になって神様の約束された子、奇跡の子イサクを頂いたアブラハムは、その信仰が変わりました。信仰によって神様の命令に従ったアブラハムは神様から祝福を頂きました。彼の死後、神様はイサクに 祝福の約束を繋ぎました。アブラハムは死にましたが神の約束の祝福は継承され、イエス・キリストを信じる私たちにまで届いているのです。
神様は世の初めから人を祝福されました。神様の子どもとして下さる祝福です。キリストを信じる信仰の故に神の子らしく聖くして下さいます。「神のみこころは、あなたがたが聖くなることです(Ⅰテサロニケ4:3)」私たちは有限な存在であり死にゆく者です。ですから繋がっていく祝福が大事です。アブラハムは死 にましたがその祝福が繋がったのであれば、彼は死んだのではありません。信仰の人は未来を所有します。未来に対しての不安と恐れがありません。それが天の御国に繋がる祝福を受けた人の姿です。
Posted on 03/27/2011 at 14:43, by webby

2011年3月27日 教会お知らせ

  1. ハレルヤ!主のみ名をあがめます。今年の教会の標語は「神を心に据え、神の約束を築き上げる教会」です。聖書の箇所は申命記8章18節です。「あなたの神、主を心に据えなさい。主があなたに富を築き上げる力を与えられるのは、あなたの先祖たちに誓った契約を今日のとおりに果たされるためである。」約束の神様を覚え、天の祝福を受ける1年となりますように祈ります。今日の礼拝後には信徒の証しの時間(藤田靖広兄)があります。
  2. 今週の朝の祈祷会(木・金 / 午前10:30)と水曜祈祷会(水 / 午前10:30)があります。祈りに燃えましょう。
  3. 今週GCCとしてパソコンクラスが30日(水・PM3:30)にあります。
  4. 教会の証し文集『めぐみ』に皆さんの多くの証しと作品をお願いします。(担当:藤田姉)
  5. 4月の予定表が出来ました。ご参考して下さい。(教会総会4月17日予定)
  6. 29日(火)に安章均師家の引越しがあります。お手伝え出来る方はお願いします。
  7. 今、東北大震災と福島原発事故で多くの方々が悲しみや苦しみの中でいます。その方々を覚え、神様の哀れみと慈しみ、慰めがありますように祈りましょう。そして、この災難が早く過ぎ去りますように祈りましょう。
  • 信徒の便り:小野千春姉妹が24日午後9時頃無事に出産しました。主に感謝します。
  • グレイスチャペルに初めて来られた方をイエス様の御名によって歓迎致します。先週初めて来られた家族:スティンソン家族
Posted on 03/23/2011 at 21:12, by webby

だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の命までも捨てて

だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の命までも捨てて

「だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の命までも捨てて、わたしのもとに来るのでなければ、わたしの弟子となることはできない

ルカによる福音書 / 14章 26節

Posted on 03/23/2011 at 21:06, by webby

あなたの約束はわたしを生かすので

あなたの約束はわたしを生かすので

あなたの約束はわたしを生かすので、わが悩みの時の慰めです。

詩篇 / 119篇 50節

Posted on 03/23/2011 at 21:01, by webby

こういうわけで、わたしたちは慰められたのである

こういうわけで、わたしたちは慰められたのである

こういうわけで、わたしたちは慰められたのである。これらの慰めの上にテトスの喜びが加わって、わたしたちはなおいっそう喜んだ。彼があなたがた一同によって安心させられたからである。

コリント人への第二の手紙 / 7章 13節

アーカイブ お問い合わせ ログイン