Archive for 6月, 2010

Posted on 06/28/2010 at 20:52, by webby

教会の名刺

教会の名刺

教会の名刺

Posted on 06/28/2010 at 20:50, by webby

十字架を通して

十字架を通して

十字架を通して、両者を一つの体として神と和解させ、十字架によって敵意を滅ぼされました。

エフェソの信徒への手紙 / 2章 16節

Posted on 06/28/2010 at 20:45, by webby

至聖所

至聖所

また、第二の垂れ幕の後ろには、至聖所と呼ばれる幕屋がありました。

ヘブライ人への手紙 / 9章 3節

Posted on 06/27/2010 at 14:25, by webby

2010年6月27日 先週のメッセージ要約

アドナイ・ニシ(出エジプト17:8-16)

本文の中でイスラエルはアマレクと戦いましたが、このアマレクはエサウの子孫で兄弟間の戦争でした。勝ち目がなかったイスラエルは神様の恵みによって勝利することが出来ました。モーセは祭壇を築き、それをアドナイ・ニシと呼びました。

イスラエルの民がレフィディムで神様とモーセに不平不満を言いながら神様を試みた時アマレクが攻めてきました。恨みと不平の原因は過去志向的な心得にあります。過去志向的な心得を持ち、恨みと不平で満ちた人生を送るのではなく、未来志向的な心得をもって、感謝と賛美が溢れる勝利する人生を送る皆さんになることを願います。イスラエルの勝利の秘訣は祈りにあります。

本文の中には2種類の祈りが書いてあります。第一の祈りは、心を合わせて助け合いながらする祈りです。アロンとフルはモーセの手をそれぞれ支え、モーセは手を降ろすことなく祈ることができました。第二の祈りは、行動しながら祈る並行の祈りです。モーセとアロン、フルは一緒に一生懸命祈り、ヨシュアは一生懸命戦ったので勝つことが出来ました。サタンは私達が祈るのをいつも妨げようとします。それは祈りが勝利の秘訣で神様と私達の間の霊的な綱であることを知っているからです。心を合わせ祈り、行動と祈りを並行しながらいつも勝利する皆さんになりましょう。

アマレクは昔話の話ではありません。今日でも恨みと不平があるところにはアマレクが攻めて来ることを忘れないで下さい。私達の弱さの故に恨みと不平不満の中にいたとしても、祈ることによってアドナイ・ニシ(主はわが旗)の神様を体験する皆さんになりましょう。そして勝利の凱旋の歌を歌う皆さんになることを願います。

Posted on 06/27/2010 at 14:13, by webby

2010年6月27日 教会お知らせ

  1. ハレルヤ!主のみ名をあがめます。今年の教会の標語は「恵みによって神の愛に留まる教会」です。聖書の箇所は第一ヨハネ4章16節です。「私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。」 神様の恵みの故に愛に満ち溢れる1年になりますように祈ります。
  2. 礼拝後には信徒聖書の学びがあります。
  3. 今週の水曜祈祷会(水/午前10:30)と早天祈祷会(火,水,木,金/午前6:00)があります。共に祈りに燃えましょう。
  4. 趙師は皆様の祈りのお陰で恵みの中で宣教報告を無事に終え帰って来られました。
  5. 来月の7月13-15日には午前10:00、午後7:00にジャンソンウン先生の聖書の終末論のセミナーがあります。お祈りお願いします。
  6. 来月の7月29-31日にはEnglish Bible campがあります。教会のホームページにEnglish Bible camp オンライン申込書があります。
  7. 7月予定表が出来ました。ご参考下さい。

※      信徒の便り: 金美英師(出産)

アーカイブ お問い合わせ ログイン