Posted on 03/13/2011 at 13:49, by webby

2011年3月13日 先週のメッセージ要約

主に聴き従う人生(創世記24:28~34)

 私達は神様に祈った事が叶うと喜びます。神様が私の祈りを聞いて下さったと喜びます。神様が共にいて下さり、神様の応答に私の魂が霊的に満たされ喜びに溢れます。
 アブラハムの僕、エリエゼルは神様を賛美し、礼拝する信仰の人でした。彼は神様が主人の息子の配偶者を備えて下さると信じていました。結婚において最も大切な事は、神様が配偶者を備えて下さったと信じる事です。
 リベカと出会い、神様に感謝の礼拝を捧げる僕の信仰に学びましょう。また、自分の使命を果たすまでは何も食しないという姿勢に学びましょう。彼は大事な事とそうではない事、先に行うべき事と後で行う事とを正しく理解していました。優先順位を過たなかったのです。
 神様が私達をこの世に送ったのは、御心を叶えるためでした。『そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。こういうものはみな、異邦人が切に求めているものなのです。しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要である事を知っておられます 。だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらの物はすべて与えられます。(マタイ6:31~33)』自分の生きる目的を確かにすることを願います。大切な事を後回しにしてしまわないようにと願います。人生の目的をはっきり自覚した人が語る言葉には、夢とビジョンがあります。 福音の確かな信仰を持っている人は、イエス・キリストの話を溢れるように語ります。アブラハムの僕がいつも絶えず祈り御声に聴き従ったように、あなたも絶えず祈り神様の御心を求めて下さい。神様は教えて下さいます。いくら良い事でも御心でないなら諦めましょう。御心なら最後まで追求しましょう。これが祝福を受ける秘 訣です。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

Comments

メールアドレス

※印は必須項目です

アーカイブ お問い合わせ ログイン