Posted on 12/26/2010 at 17:44, by webby

2010年12月26日 先週のメッセージ要約

笑わせる神様(創世記 21:1-7)
主は、約束されたとおり、仰せられたとおりに、必ず成し遂げて下さる真実な方です。神様は環境によって御言葉を変えるのではなく、神様は御言葉通りに環境を変えて下さいます。神様がアブラハムに言われたその時期に、その時にイサクは生まれました。イエス・キリストも神様が定めたその時期に、その時にこの世に来られました。私たちも神様の時間の中に生まれ、生きて居て、神様の定めた時にこの世から離れます。真の神様を知る人は神様の計画と神様の時間であることを告白します。時間の中に住む人間には不可能なことが多くありますが、時間を超越する神様には不可能なことがありません。その神様の時間の中に入って見て下さい。素晴しい神様の世界が広がります。それが信仰の世界です。年取ったアブラハムが子を生んだのも信仰によるものです。そしてイサクの名前は神様が作って下さいました。そのの意味は‘笑い’です。サラの笑いを意味する名前ですが、イサクが生まれた途端、多くの人々に喜びの笑いに変わりました。アブラハムが喜び、サラが喜び、人々が喜びました。なぜ、喜びましたか。不可能の状況から生まれたからです。神様が共におられると不可能がないことです。そして、御言葉通りの約束の子として生まれたからです。約束の子孫からメシヤが生まれます。また、人々に喜びを与えるために生まれたからです。笑いが、喜びに変わりました。本当に私たちの人生に喜びを与え、笑いを与えて下さる方が一人います。その方はイエス・キリストです。この方を向かえ入れた人は想像出来ない歓喜と喜び、そして人生の意味を与えます。イエス・キリストに出会って下さい。あなたに笑いと慰めを与えます。その方が私たちの人生の道と真理といのちになって下さいます。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

Comments

メールアドレス

※印は必須項目です

アーカイブ お問い合わせ ログイン