Posted on 05/15/2010 at 02:03, by cho

アダムの創造

アダムの創造

神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。神はまた、彼らを祝福し、このように神は彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。」 (創世記1:27-28)

■システィーナ礼拝堂天井画で最も有名な部位のひとつ『アダムの創造』。聖書の創世記第一章では、天地万物の創造主、神様が六日間で世界を創造した。第一日目、神は光と闇を創った。次に二日目に海と空を分けた。三日目に地とその果、四日目に空に太陽と月と星を置き、五日目に空と水の生物を創った。そして六日目に地とその生物を創り、最後に自分自身をモデルに土から人間(アダム)を造った後、息を与えたので生き物となった。そして、7日目にはそれらを祝福し、休息をとった。

これが全能の神様による天地創造である。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

Comments

メールアドレス

※印は必須項目です

アーカイブ お問い合わせ ログイン