Posted on 07/28/2010 at 04:53, by webby

すべて肉なるものの雄と雌とであって

すべて肉なるものの雄と雌とであって

そのはいったものは、すべて肉なるものの雄と雌とであって、神が彼に命じられたようにはいった。そこで主は彼のうしろの戸を閉ざされた。

創世記 / 7章 16節

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

Comments

メールアドレス

※印は必須項目です

アーカイブ お問い合わせ ログイン