Posted on 06/30/2012 at 22:12, by α

選びの祝福

† 先週のメッセージ †
選びの祝福 (エペソ人への手紙 1:3-6)

使徒パウロの心の中での大事な思いは、教会です。しかし、この教会は、今日の教派的で、制度的で、外見的な教会ではありません。それは、イエス・キリストの体なる教会です。
‘ 教会 ’ という語は、ギリシャ語のエクレシアという語から訳されています。それは、神様の選びを受けた人々、即ち、神様に呼ばれ、聖められた人々、イエス・キリストの中で新しく生まれ変わった人々です。 それを ‘ 体(body) ’ で表します。その頭は、イエス・キリストです。そして、信徒一人一人は、その体を形成する各部分です。聖霊様と愛の中で一つになったことを表しています。

この教会は、基礎的な思いから始まります。最初に神様を賛美することから始まります。創世記に於いて「初めに神が天と地を創造した」と宣言したように始めます。キリストにおいて神様が、天にあるすべての霊的祝福をもって、祝福して下さったからです。霊的祝福とは、①選び②贖い③御国を受け次ぐことです。

世の中で一番大きな祝福は、世の初めからキリストの中で、私を選んで下さる祝福です。選びは、聖書全体の核心的な真理です。「あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。」(ヨハネ15:16)。何故選ばれましたか。御前で聖く、傷のない者にしようと選びました。誰が選んでくれますか。「神のただみこころのままに」選ばれました。ローマ書10:13の通り「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる。」のように、神様は主を呼び求める人を、今日も救うために探しております。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

Comments

メールアドレス

※印は必須項目です

アーカイブ お問い合わせ ログイン