Posted on 12/31/2011 at 23:14, by α

光として来られたイエス様

✝ 先週のメッセージ ✝
光として来られたイエス様(ヨハネの福音書1:9~14)

メリークリスマス!イエス様がこの地に来られたことは、私たちにとって最も大きな恵みと祝福です。イエス様がお生まれになった所は、華麗な宮殿でも、神殿でも、金持ちの部屋でもなく、汚く、臭くて、冷たい馬小屋で生まれました。なぜなら、イエス様は、一番低い人々から、一番上の高い人々まですべての人を抱くためです。
神様であるイエス様は、すべての人を照らすそのまことの光として世に来られました。①光は命です。光がなくては生命は存在できません。イエス様は、人を救うために命の光となりました。光を浴びると生命力が生じます。光は生きている全ての生命体の源です。②光が来ると暗闇が消えます。光は暗闇の中で道を導きます。イエス様の光に従うと倒れません。イエス様は、私たちの人生の明るい光となって下さいます。③光は病を癒します。愛は生き方を変化させ、傷を癒す素晴らしい治療の光線です。新しい命を創造する力は、愛だけが持っています。イエス様の愛の光が、その人の心に受け入れられた時、どんな患者でも癒されます。④光は望みを与えます。光は希望を与える役割があります。イエス様に出会った人々は、すべて新しい希望を得られます。罪が赦される望み、病が癒される望み、よみがえりの望み、慰めと認められる望みなどが生じます。イエス様は私たちの望みの灯台となりました。その光として来られたイエス様を伝えましょう。そして、「あなたがたは、世界の光です。」と言われた通りに、私たちも光となりましょう。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

Comments

メールアドレス

※印は必須項目です

アーカイブ お問い合わせ ログイン