Posted on 05/15/2010 at 02:23, by cho

失楽園(楽園追放)

失楽園(楽園追放)

神である主は、その土地から、見るからに好ましく食べるのに良いすべての木を生えさせた。園の中央には、いのちの木、それから善悪の知識の木とを生えさせた。 (創世記2:7-9)

人間の堕落と原罪そして楽園追放 神様より口にすることを禁じられていた≪善悪の知識の実≫を、蛇に「神のようになれる」と唆されエバが食べてしまい、神様の怒りを買う。神様はエバ(女性)に産みの苦しみと男性への服従を課し、アダム(男性)には労働と死する運命を課した。そして、エデンの園を追放されてしまうが、その際、皮の衣服を与えた。また神様は、アダムとエバが≪命の実≫をも口にしてしまうのを恐れ、エデンの園の東に天使ケルビムと炎の剣を配し、蛇を呪われた邪悪の象徴的な存在とし、エバの子どもとの間に敵対関係を置いた。これはエバの子孫とされるイエス・キリストが、邪悪と対峙し、人類を罪から救済する暗示ともされている。

 

Posted on 05/15/2010 at 02:03, by cho

アダムの創造

アダムの創造

神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。神はまた、彼らを祝福し、このように神は彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。」 (創世記1:27-28)

■システィーナ礼拝堂天井画で最も有名な部位のひとつ『アダムの創造』。聖書の創世記第一章では、天地万物の創造主、神様が六日間で世界を創造した。第一日目、神は光と闇を創った。次に二日目に海と空を分けた。三日目に地とその果、四日目に空に太陽と月と星を置き、五日目に空と水の生物を創った。そして六日目に地とその生物を創り、最後に自分自身をモデルに土から人間(アダム)を造った後、息を与えたので生き物となった。そして、7日目にはそれらを祝福し、休息をとった。

これが全能の神様による天地創造である。

Posted on 05/15/2010 at 00:42, by cho

天地創造

天地創造

初めに、神が天と地を創造した。

(聖書―創世記1章1節)

システィーナ礼拝堂天井画 (Cappella Sistina)1508-1512年頃
1300×3600cm | Fresco | Cappella Sistina, Vatican

ミケランジェロ・ブオナローティMichelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni, 1475年3月6日-1564年2月18日)

1508年、教皇ユリウス2世の注文で着工され、4年もの歳月をかけ完成された世界最大の壁画『システィーナ礼拝堂天井画』。主題は旧約聖書の冒頭書に50章から書かれ、神による世界と人間の創造から、楽園追放、バベルの塔、ノアの箱舟などの伝承と、アブラハム・イサク・ヤコブ・ヨセフらの族長伝承などから成る≪創世記≫で、壮大な図解が意味する解釈は諸説あるが、明確な体系的・教義的な秩序の中に組み込んだ宇宙論的な展開を為すとされている。また1980年から10年かけて全面的に洗浄・修復作業がおこなわれ、現在は制作当時の鮮やかな色彩が蘇っている。

Posted on 06/01/2006 at 17:00, by Aki☆

2006年6月1日 GCC シャマイム

2006年6月1日 GCC シャマイム Posted on 03/02/2006 at 17:00, by Aki☆

2006年3月2日 GCC シャマイム

2006年3月2日 GCC シャマイム
アーカイブ お問い合わせ ログイン Email ログイン